【SS】【ほのよし】善子「あなたとなら雨の日も」穂乃果「楽しくなるよね!!」

SS
1: 名無しで叶える物語 2020/10/31(土) 21:54:35.03 ID:hPDrceKO
放課後 学校 昇降口

 

サァーッ……

善子「あ~あやっぱり雨降ってきたわね」

善子「だけどこれも計算の内……雨を降らせるのは溢れ出る堕天使パワーによるもの」

善子「……まぁただ不幸なだけなんだけどね」

善子「けれども今日はちゃんと折り畳み傘を持って来て……」ガサゴソ

善子「―あれ?」

善子「ちょ、あれ、ない!?嘘嘘嘘!?」ガサゴソ

善子「ない……きっと玄関に置いてきたんだわ……なんて不幸」ズーン

善子「ぐすっ……こうなったら仕方ない、走って帰るか」

善子「すぅ……はぁ~」

善子「せーのっ」ダッ

穂乃果「善子ちゃん」

善子「のわぁっ!?」ズルッ ズデン

 

3: 名無しで叶える物語 2020/10/31(土) 21:59:35.16 ID:hPDrceKO
善子「痛った~お尻打った……」サスサス

 

善子「まったくもう、変なタイミングで声かけないでよ」

穂乃果「ごめんね急に声をかけて、大丈夫?」

善子「平気よ、足が滑っただけ」

穂乃果「善子ちゃんも今帰り?」

善子「そうよ、でも……」

穂乃果「でも?」

善子「そ、その……実は……」

穂乃果「あぁわかった、傘を忘れたんでしょ」

善子「うっ……そ、その通りよ」

善子「しょうがないから走って帰ろうとしてたところ」

穂乃果「走って帰るだなんて、そんなの風邪引いちゃうよ」

穂乃果「穂乃果の傘に入れてあげる、相合い傘しよ」

善子「え、い、いいわよそんな……相合い傘だなんて恥ずかしいし……」

穂乃果「なに言ってるの、濡れるよりよっぽどいいでしょ。ほらおいで」ガシッ

善子「んにゃあっ!?ちょ、ちょっと穂乃果さん」

穂乃果「さぁ帰ろう善子ちゃん♪」

善子「なんでこうなるの~」

 

4: 名無しで叶える物語 2020/10/31(土) 22:03:33.42 ID:hPDrceKO
サァーッ……

 

穂乃果「いや~久し振りの雨だねぇ」

善子「……」チラッ

善子「あの、ごめんなさい」

穂乃果「へ?なに謝ってるの?」

善子「この雨……私の堕天使パワーのせいなの」

穂乃果「堕天使パワー?」

善子「昔から遠足や修学旅行の時に雨を降らせたり」

善子「運動会を延期させた事もあったわ」

善子「私の力は不幸を呼んでしまうのよ」

穂乃果「雨が降ったくらいで不幸だなんて大げさだな~」

善子「それだけじゃないわ、靴紐がほどけて結び直している間にバスに乗り遅れたり目覚ましが壊れて寝坊したり……」

善子「とにかく私はついてないのよ」

穂乃果「穂乃果もついてないんだよね、宿題やるのをすっかり忘れて海未ちゃんに怒られたり」

穂乃果「妹に朝起こしてって言ったのに起こしてもらえなかったり」

善子「そ、それは穂乃果さんの努力次第で変わるんじゃないかしら……」

 

5: 名無しで叶える物語 2020/10/31(土) 22:07:57.66 ID:hPDrceKO
穂乃果「だったら善子ちゃんだって」

 

善子「え?」

穂乃果「不幸を呼ぶなんて言うけどそれこそ気の持ちようでなんとでもなるよ」

穂乃果「逆に考えてみよう、靴紐がほどけたままだったら転んで怪我をしていたかもしれないし」

穂乃果「目覚まし時計も買い換え時で新しい物が買える、ってね」

善子「そんな風に考えた事なかったわね」

穂乃果「なんでも後ろ向きに捉えるんじゃなく前向きに捉えようよ」

穂乃果「どうせなら人生は楽しく生きていかないとね」

善子「穂乃果さん……」

善子「私、不幸に打ち勝つ事が出来るかしら」

穂乃果「出来るよ、だって善子ちゃんは堕天使なんでしょ?堕天使パワーってすごい力を持っているんだよね」

善子「あ」

善子「―くっ……くっくっくっ……」

善子「そうね、私は堕天使ヨハネ。不幸すらも我が力でねじ伏せてやるわ!!」ギランッ

穂乃果「そうそうその意気、ファイトだよ!!」ニコッ

 

7: 名無しで叶える物語 2020/10/31(土) 22:11:35.12 ID:hPDrceKO
穂乃果「なんか歌いたくなってきたな~」

 

穂乃果「あ~いあい♪あ~いあい♪あ~いあい♪あ~いあい♪」

穂乃果「あいあいが~さだよ~♪」

善子「なによその歌、周りの人が見てるじゃない。やめなさいよ」

穂乃果「あはは、少しでも雨を楽しもうかと思って」

善子「雨を楽しむって……どう考えたって無理でしょ、服が濡れてイライラするだけよ」

穂乃果「それは違うよ。例えばほら、これを見て」

善子「ん?蜘蛛の巣?これがどうしたのよ」

穂乃果「蜘蛛の巣に雨粒が引っ掛かってキレイだと思わない?」

善子「ふーん、言われてみれば結構悪くないわね」

善子「こういうデザインのアクセサリーを付けたらイカすかも……」

穂乃果「ね?これは普段見られない特別な光景だよ」

善子「そうね、いつもこういう所まで見ないから」

穂乃果「じゃあ教えてよかった、うふふ」

 

8: 名無しで叶える物語 2020/10/31(土) 22:14:13.54 ID:hPDrceKO
穂乃果「あとは……あはっ。いたいた、カエル」ヒョイ

 

善子「ひゃあっ!!カエル~!!」

穂乃果「善子ちゃんカエル嫌い?こんなにかわいいのに」ズイッ

善子「ちょっと近付けないで!!離れて!!」

穂乃果「わかったよ、―あ」ピョーンッ

善子「ぎえぇぇ~!!カエルが顔に付いた~!!」

穂乃果「あはは、カエルは善子ちゃんの事好きみたいだね」

善子「笑ってんじゃないわよ!!」

穂乃果「あ、あの葉っぱにかたつむりがいるよ」

穂乃果「雨の日と言えばやっぱりかたつむりだよね~」

善子「かたつむりも中々おぞましい姿をしてるわね……」ブルッ

穂乃果「おぞましいって……そこまでかな、あの渦巻きの殻とかおしゃれだよね」

善子「おしゃれ……私も人の事言えないけど穂乃果さんのセンスも相当ね」

 

9: 名無しで叶える物語 2020/10/31(土) 22:17:56.56 ID:hPDrceKO
穂乃果「そして雨の日にしか出来ない事と言えば今こうやって善子ちゃんとしてる相合い傘」

 

穂乃果「もっとそばに来ないと濡れるよ、私の傘そんなに大きくないんだから」グイッ

善子「ちょ、引っ張らないでよ!!」

善子(雨の匂いに混じって爽やかなシャンプーの香りが……これってもしかして穂乃果さんの香り……?)ドキドキ

穂乃果「ん?顔が赤いけどどうかした?」

善子「な、なんでもないわよ!!」

善子(まったくもう……わざとやっているんじゃないでしょうね)ジーッ

善子(でも……こうやってそばにいると穂乃果さんの体温が伝わってきて暖かい)

善子(相合い傘も悪くない、かも……)

善子「―ねぇ、もっとくっついてもいい?」

穂乃果「いいよ、おいで」

善子「えへへ♪」ピトッ

 

10: 名無しで叶える物語 2020/10/31(土) 22:22:15.15 ID:hPDrceKO
ザァァァ~!!

 

善子「きゃっ!?急に土砂降りに」

穂乃果「大変!!あそこのお店の前に避難しよう」タタタッ

穂乃果「ひえ~すごい雨、服がびしょびしょだ」

善子「せっかくいい雰囲気だったのに……」

善子「油断したわ、ごめんなさい私のむぐっ!?」

穂乃果「それ以上は言っちゃダーメ、私は全然気にしてないから」

穂乃果「善子ちゃんも濡れちゃったね、拭いてあげる」フキフキ

善子「こ、これくらい自分でやるわよ」フキフキ

穂乃果「―あ、善子ちゃん。ここ喫茶店だ」

穂乃果「スイーツビュッフェだって!!ちょっと中に入ってみない?」

善子「えぇ?こんな時にお茶するの?」

穂乃果「こんな時だからこそだよ、この雨はきっとここで雨宿りしろって神様が言ってるんだ」

善子「神様……ね」チラッ

善子「た、確かにおいしそうなケーキがいっぱい」ジュルリ

善子「ま、まぁ神のお導きなら従わない訳にはいかないわね」

穂乃果「よーし、決まり!!お邪魔しまーす」ガチャッ

 

11: 名無しで叶える物語 2020/10/31(土) 22:28:09.73 ID:hPDrceKO
カランカラ~ン

 

穂乃果「お~いい雰囲気のお店だねぇ」

善子「ね、ねぇ。よく見たらここ高そうじゃない?そんなにお小遣い持って来てないわよ」ボソッ

穂乃果「そんな事言ったってもう入っちゃったし外は土砂降りで戻る訳にも行かないし」

店長「いらっしゃいませ」

善子「ひゃ、ひゃい!?」

穂乃果「ごめんなさい、外がすごい雨で……少しだけここで雨宿りさせてください」

店長「構いませんよ、今日はこの雨でお客様が来なくて私も寂しい思いをしておりました」

店長「更にお客様はお店を開いてから記念すべき1000人目のお客様です」

店員「なので今回は特別に無料でスイーツを提供させていただきます」

穂乃果「えー本当ですか!?すごーい!!」

穂乃果「やったね~善子ちゃん!!」

善子「私達で1000人目……そんな偶然もあるのね」

善子「なんにせよ懐が寂しくならずに済んだわ……来月のお小遣いまで割りとギリギリだし」ホッ

 

12: 名無しで叶える物語 2020/10/31(土) 22:31:12.13 ID:hPDrceKO
穂乃果「うわ~色んな種類のスイーツがたくさん!!」

 

穂乃果「どれを食べようか迷っちゃうね~」

善子「これ全部食べ放題とかすごいわね……」

穂乃果「決めた、私はこのいちごのケーキとパンケーキ」

善子「なら私はこのチョコタルトとチーズケーキを」

穂乃果「見て見て、飲み物も色々あるよ」

善子「流石喫茶店ね、本格的なドリップコーヒーからフルーツジュースまで」

穂乃果「こっちにはタピオカもある、今度絵里ちゃんも連れて来よう」

穂乃果「善子ちゃんは何飲む?」

善子「そうね、とりあえずコーヒーでも飲もうかしら」

穂乃果「私はこのタピオカにしよっと」

 

13: 名無しで叶える物語 2020/10/31(土) 22:34:26.67 ID:hPDrceKO
穂乃果「は~むっ」

 

穂乃果「―んん~、このいちごのケーキおいっしい~♪」モグモグ

善子「チョコタルトも甘さ控えめでさっぱりしてるわね、大きさもひと口サイズだし何個でもいけちゃいそう」モグモグ

穂乃果「パンケーキもふわふわ、やっぱりパンケーキはうまいっ」

善子「チーズケーキも絶品だわ、はぁ……このクオリティでビュッフェをやるなんて中々レベルの高いお店ね」

善子「―このコーヒー、いい豆を使っているわね。悪くないわ」

穂乃果「へぇ、善子ちゃんコーヒーの味がわかるんだ。おっとな~」

善子「ふふん、コーヒーの味もわからないなんてまだまだ子供ね」ドヤァ

穂乃果「タピオカも濃厚~このぷにぷにした食感がたまらないよね~」

穂乃果「あ~おいしかった、他のスイーツも食ーべよ」

善子「早っ!?もう食べ終わったの!?」

善子「待ちなさいよ、私も行くわ」

 

14: 名無しで叶える物語 2020/10/31(土) 22:37:34.96 ID:hPDrceKO
穂乃果「おぉっ、ねぇねぇ善子ちゃん」クイクイ

 

善子「なによ、―あら……これって」

穂乃果「チョコフォンデュだよチョコフォンデュ、すごーい初めて見た」

善子「ごくり……容器いっぱいに溢れんばかりのチョコ、なんて悪魔的なビジュアルなの」

穂乃果「これ食べてみたかったんだよね~」

穂乃果「付け合わせも色々ある、果物にマシュマロ、へぇ~ポテトチップスまであるんだ」

善子「甘い物としょっぱい物は相性がいいからね、このお店中々わかってるじゃない」

穂乃果「面白そ~よーし次はチョコフォンデュだ」

穂乃果「善子ちゃんも付け合わせ選んで選んで」

善子「わかったわよ、ええと……これと、これと」

穂乃果「穂乃果はこれと~これと~あ、これも持って行こっと」

 

15: 名無しで叶える物語 2020/10/31(土) 22:40:28.14 ID:hPDrceKO
穂乃果「では、まずはいちごから」

 

善子「あ、穂乃果さんもいちご取ったんだ」

穂乃果「うん、私いちごが大好きなの。誕生日やクリスマスケーキも絶対いちごが乗ってないとイヤなくらい」

善子「わかるわ!!いちごの乗ってないケーキなんてありえない!!」

穂乃果「善子ちゃんもいちご好きなんだね、私と一緒だ♪」

善子「うん、大好き♪チョコも好きだからこのチョコフォンデュは夢のような組み合わせね」

穂乃果「いちごにチョコをたーっぷり絡めて」

穂乃果「いただきま~す」パクッ

穂乃果「―ううう~ん!!最っ高~!!」モグモグ

善子「チョコのコクといちごの甘酸っぱさが互いに引き立て合ってなんとも言えないハーモニー……はーおいし」モグモグ

穂乃果「楽しいねぇこれ」

善子「病み付きになるわねこれは」

穂乃果「次はマシュマロだ」

善子「なら私はバナナに」

穂乃果・善子「「ん~たまらなぁ~い♪」」

 

16: 名無しで叶える物語 2020/10/31(土) 22:43:39.46 ID:hPDrceKO
善子「ふぅ……流石にお腹いっぱいになってきたわね」

 

穂乃果「私もお腹いっぱい……しばらくは甘い物食べなくてもいいかなぁ」

穂乃果「でもさ、いいお店見つけてラッキーだったよね」

穂乃果「これも善子ちゃんの堕天使パワーのおかげだ」

善子「え?私の……?」

穂乃果「善子ちゃんの力で雨を降らせてこのお店に雨宿りしたらなんと1000人目のお客様って事でタダ」

穂乃果「その上スイーツはどれもおいしくて善子ちゃんとも一緒に楽しめたし堕天使パワー様々だよね~」

善子「そ、それは……」

善子(本当にそうなの?私1人だったらこんな幸運な事が続いたりは……)

善子(もしかして穂乃果さんの……)チラッ

穂乃果「ん?なーに?」

善子「な、なんでもないわ」

善子「全てはこの堕天使ヨハネの力のおかげ、感謝しなさい」ドヤァ

穂乃果「うん、ありがとうございますヨハネ様♪」

 

17: 名無しで叶える物語 2020/10/31(土) 22:46:42.79 ID:hPDrceKO
カランカラ~ン

 

穂乃果「ごちそう様でした~」

善子「あら、いつの間にか雨がやんでる」

穂乃果「おぉ~本当だぁ~晴れてよかったね」

穂乃果「実は私、晴れ女なんだよ」

善子「そうなの?―ふぅん」

善子「なるほど……そういう事だったのね」ボソッ

穂乃果「あ、見て善子ちゃん。虹だよ虹」ユビサシ

穂乃果「キレイだね~」

善子「そうね、キレイ……」

穂乃果「こんなキレイな虹が見れるなんてやっぱり雨が降ってよかったよね」ニコッ

善子「あ……」

善子(今まで雨を降らせてばかりでイヤだイヤだと、不幸だと思っていたけど……)

善子「……案外、雨も悪くないものね」

穂乃果「ね?やまない雨はないよ、いつかは晴れて虹が出るってね。あははっ」

善子「……」ジーッ

 

18: 名無しで叶える物語 2020/10/31(土) 22:49:25.70 ID:hPDrceKO
善子「今ので確信したわ」

 

善子「今日の出来事は私の力だけじゃない、穂乃果さんの明るく前向きな気持ちと幸運のおかげよ」

善子「穂乃果さんはまるで太陽のような人だから……」

善子「さしずめ太陽神パワーと言ったところね」

穂乃果「太陽神か~なんか善子ちゃんみたいでかっこいい」

善子「そう、あなたは太陽神アポロン。闇を晴らす光の化身」

善子「堕天使ヨハネの不幸さえ飲み込むほどの、ね……」

善子「堕天使と太陽神が組めばまさに怖いものなしよ」

善子「穂乃果さんとならどこへ行っても心配はないわ」

善子「だから……そのぅ」モジモジ

善子「また、どこか遊びに行きましょ?」

穂乃果「善子ちゃん……」

穂乃果「もっちろん!!また2人でお出かけしようね!!」

善子「えぇ、私達が揃えば無敵よ!!」ギランッ

善子「あなたとなら雨の日も」

穂乃果「楽しくなるよね!!」

 

19: 名無しで叶える物語 2020/10/31(土) 22:55:26.71 ID:hPDrceKO
その後 日曜日

 

サァーッ……

善子「またしても堕天使パワーで雨を降らせてしまったわ」

穂乃果「だけど大丈夫、ハウスの中なら濡れないもんね」

穂乃果「あ、大きいいちご見っけ」プチッ

善子「あぁっ、それ私が狙ってたのに~」

穂乃果「そっか、じゃあ善子ちゃんにあげる」スッ

善子「あ~ん、はむっ」

善子「―ああぁ~天にも昇るおいしさね~♪」ウットリ

善子「これ、甘そうないちごね。お返しにあげるわ」スッ

穂乃果「は~むっ、―うん、当たり!!とっても甘ぁ~い♪」トローン

善子「ハウスでいちご狩りだなんて考えたわね穂乃果さん」

穂乃果「これなら雨が降っても関係ないからね」

穂乃果「さぁ、どっちが多くいちごを食べられるか勝負だ!!」パクパク

善子「ふっ……望むところよ、私に勝てるかしら!!」パクパク

善子(穂乃果さんと一緒なら雨でも楽しくなれるわね)

善子(私の堕天使パワー……もう不幸だなんて思わないわ)

善子(だって、こんな素敵な出会いがあったんだもの!!)

善子「ふふふっ♪」

 

20: 名無しで叶える物語 2020/10/31(土) 22:56:34.66 ID:hPDrceKO
終わりです、最後まで読んでいただきありがとうございました

 

21: 名無しで叶える物語 2020/10/31(土) 23:10:54.94 ID:XY15Lz69
乙、2人共いちご好きという共通点があったな

 

22: 名無しで叶える物語 2020/10/31(土) 23:22:31.99 ID:3tUgUeuA
乙乙

 

23: 名無しで叶える物語 2020/10/31(土) 23:39:41.59 ID:NyWLyRyb
ほのよしとは珍しい
良かった

 

24: 名無しで叶える物語 2020/10/31(土) 23:59:35.84 ID:juiaQlrn
堕天使と太陽神いいね

 

25: 名無しで叶える物語 2020/11/01(日) 00:11:37.35 ID:X0J4BZko
いいね

 

26: 名無しで叶える物語 2020/11/01(日) 11:05:58.68 ID:0zw6TKX4
乙。良いほのよしだった

 

27: 名無しで叶える物語 2020/11/01(日) 11:11:22.00 ID:vMsS7uKX
光と闇カプ

 

 

元スレ: https://fate.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1604148875/

コメント

タイトルとURLをコピーしました