【SS】穂乃果「雨だねぇ…」海未「・・・そうですね」

SS
1: 名無しで叶える物語 2020/10/09(金) 09:12:57.36 ID:gePNEPek
生徒会室

 

穂乃果「暇だねぇ」

海未「そうですね」

穂乃果「ことりちゃんは、生地買いに行くって帰っちゃったし」

海未「えぇ」

穂乃果「こんな日に限って、生徒会の仕事も特に無いんでしょ?」

海未「あなたがだらけて居るうちに、私が終わらせたんですよ…」

穂乃果「んー、ありがとう…」

海未「まったく。しっかりしてください、、、」

穂乃果「・・・」

 

2: 名無しで叶える物語 2020/10/09(金) 09:13:17.08 ID:gePNEPek
穂乃果「雨すごい・・・」

 

海未「そうですね…」

穂乃果「もうすぐ台風来るみたいだし。なんだっけ、あの台風の名前」

穂乃果「なんか面白い名前なんだよね、食べ物みたいで」

海未「そうなんですか」

穂乃果「うん。あー……思い出せない」

海未「スマホで調べたらどうですか?」

穂乃果「いや、自分で思い出したいんだけど・・・」

穂乃果「うーん・・・」

海未「・・・」

 

3: 名無しで叶える物語 2020/10/09(金) 09:13:27.66 ID:gePNEPek
穂乃果「・・・駄目だぁ」

 

海未「そうですか」

穂乃果「・・・」

海未「調べないんですか?」

穂乃果「いや、頑張って帰るまでに思い出す・・・」

海未「はぁ…頑張ってください」

穂乃果「うん。穂乃果、ファイトだよー」

海未「・・・」

穂乃果「・・・」

穂乃果「暇だね」

海未「えぇ」

 

4: 名無しで叶える物語 2020/10/09(金) 09:13:45.11 ID:gePNEPek
海未「…穂乃果?」

 

穂乃果「んー、、、」モゾモゾ

海未「…穂乃果」

穂乃果「・・・ん」ギュッ

海未「なんです、急に…」

穂乃果「・・・」

海未「こんなところ誰かに見られたら、恥ずかしいですよ」

穂乃果「…えー?」

 

5: 名無しで叶える物語 2020/10/09(金) 09:14:02.78 ID:gePNEPek
穂乃果「もう、今日は誰も来ないよ」

 

海未「そうかもしれませんが・・・」

穂乃果「良いじゃん。減るものでもないんだし」

海未「そうですけど…」

コンコン、シツレイシマース

穂乃果「!!?」

海未「ほら、言ったでしょう!離して…!」パッ

 

6: 名無しで叶える物語 2020/10/09(金) 09:14:24.33 ID:gePNEPek
真姫「・・・」

 

真姫「…失礼します」

穂乃果「あっ、真姫ちゃん!」

海未「あぁ、真姫でしたか…」ホッ

真姫「…そうだけど、、、邪魔したかしら」

穂乃果「えっ、何を!!?」アセアセ

真姫「二人とも、変な姿勢してるから…」

海未「いや、別に何もありませんよ!何もありません!」

真姫「ふーん…」

真姫「まぁいいわ」

 

7: 名無しで叶える物語 2020/10/09(金) 09:14:35.48 ID:gePNEPek
穂乃果「真姫ちゃんはどうしたの?」

 

真姫「あぁこれ。新曲出来たから、海未に音源渡そうと思って」

海未「もう出来たのですか。早いですね」

真姫「今回はすんなり出来て良かったわ」

穂乃果「さすが真姫ちゃん!」

真姫「どうも・・・じゃあ、私はこれで」

穂乃果「え~、帰っちゃうの?」

真姫「帰りはしないけど、学校に残って予備校の宿題をするつもり」

海未「部活の無い日に勉強とは、感心ですね」

 

8: 名無しで叶える物語 2020/10/09(金) 09:14:44.25 ID:gePNEPek
穂乃果「じゃあさ、ここでやってきなよ!」

 

真姫「えぇ?」

穂乃果「今日やることなくてさ、暇だったんだよ~」

真姫「家に帰れば良いじゃないの・・・」

穂乃果「だって、この雨でしょ?」

海未「もう少し雨が落ち着くのを待とうと言っている内に、随分と経ってしまいました」

穂乃果「話すことも無くてさ~、暇だったんだよ」

真姫「はぁ……まぁ、良いわよ」

真姫「私は勉強してるけど」

 

9: 名無しで叶える物語 2020/10/09(金) 09:14:53.44 ID:gePNEPek
穂乃果「えぇー?なんかして遊ぼうよ~」

 

海未「ちょっと穂乃果。勉強の邪魔をしてはいけません」

穂乃果「ちぇー……」

海未「私も、真姫を見習って勉強をする事にします」

穂乃果「えー?海未ちゃんまで……」

海未「あなたも、せっかく時間があるのですから勉強してください」

穂乃果「えー・・・」

真姫「分からないところがあったら、教えてあげるから」

穂乃果「はーい…」

海未(先輩後輩禁止とはいえ、ひどい光景ですね……)

 

10: 名無しで叶える物語 2020/10/09(金) 09:15:18.40 ID:gePNEPek
~~~~~~~~~~

 

真姫「・・・」カキカキ

海未「・・・」

穂乃果「・・・」ボーーッ

真姫「・・・」カキカキ

穂乃果「・・・」ボーーッ

真姫「・・・」

真姫「・・・ねぇ」

穂乃果「どうしたの?」

海未「?」

真姫「穂乃果……さっきから何もしないのね」

穂乃果「…えっ?あはは、、、」

穂乃果「ボーッとしてた・・・」

真姫「まったく。しっかりしてよね」

 

11: 名無しで叶える物語 2020/10/09(金) 09:15:31.88 ID:gePNEPek
真姫「それで、海未もよ」

 

海未「・・・」

穂乃果「?海未ちゃん?」

真姫「さっきから気になってたんだけど、手が全然動いてないじゃない」

海未「…真姫の言う通り、どうやら私もボーッとしていたようです」

穂乃果「海未ちゃんにしては、珍しいね」

海未「すいません。お恥ずかしいところを…」

真姫「そうよ。二人とも、気が抜けたようになっちゃって…」

 

12: 名無しで叶える物語 2020/10/09(金) 09:15:54.28 ID:gePNEPek
穂乃果「なんか今日、あんまり元気でないんだよね・・・」

 

海未「私も正直、少し抜けたようになっているかもしれません」

真姫「どうしたのよ一体・・・こっちまで調子狂うわよ」

穂乃果「…じゃあさ、こんな日は何かして遊ぼうよ!」

海未「何か、と言うと?」

穂乃果「うーん…しりとりとか?」

海未「はぁ…小学生じゃないんですから」

真姫「・・・」

穂乃果「うーん……」

真姫「…私、UNO持ってるわよ」

 

13: 名無しで叶える物語 2020/10/09(金) 09:16:06.67 ID:gePNEPek
穂乃果「え、本当!?」

 

海未「珍しいですね。どうしたのですか?」

真姫「この間、私の家にUNOがあるって凛に話したら持ってこいって言われちゃって」

真姫「そのまま鞄に入ってるのよ」

穂乃果「真姫ちゃんの家、UNOあるの!?」

真姫「何よ。私の家にだって、遊び道具くらいあるわよ」

穂乃果「良いじゃん、やろうやろう!」

海未「なんだか懐かしいですね。やるからには負けませんよ」

真姫「カード全部揃ってると良いんだけど・・・えーと、三人用のルールは、、、」

~~~~~~~~~~

 

14: 名無しで叶える物語 2020/10/09(金) 09:16:20.18 ID:gePNEPek
~~~~~~~~~~

 

穂乃果「はい」赤2

真姫「・・・」赤3

真姫「あ、私ウノ」

穂乃果「早っ!?」

海未「これはまずいですね…」赤6

穂乃果「うーん…じゃあ穂乃果、ワイルドで、、、」

真姫「何色?」

 

15: 名無しで叶える物語 2020/10/09(金) 09:16:34.38 ID:gePNEPek
穂乃果「真姫ちゃんのことだから、同じ色のカードを溜めているはず、、、」

 

穂乃果「となると、赤以外?」

真姫「・・・」

海未「穂乃果、頼みましたよ」

穂乃果「うーん、、、」

穂乃果「・・・緑!!!」

真姫「・・・」

穂乃果「・・・」ゴクッ

真姫「残念でした」緑の3

穂乃果「あぁーっ!!!」

 

16: 名無しで叶える物語 2020/10/09(金) 09:16:45.85 ID:gePNEPek
海未「穂乃果、何をやっているんです!!」

 

真姫「ふふっ、悪いわね」

穂乃果「ちぇー、、、海未ちゃんと最下位決定戦かー」

海未「最下位だけは、避けなくては……」

海未「負けませんよ!」

穂乃果「よし来い!」

~~~~~~~~~~

 

17: 名無しで叶える物語 2020/10/09(金) 09:17:02.84 ID:gePNEPek
~~~~~~~~~~

 

穂乃果「…はい」黄9

海未「・・・」青9

穂乃果「はい」青ドロー2

海未「・・・」赤ドロー2

穂乃果「あー…四枚かぁ、、、」

海未「私、ウノです」赤6

穂乃果「・・・」ドロー4

海未「あぁ、もう・・・」

穂乃果「…はい」赤4

海未「はい」緑4

穂乃果「もう、色変えないでよー…」ドロー

海未「真剣勝負ですからね」緑0

 

18: 名無しで叶える物語 2020/10/09(金) 09:17:14.54 ID:gePNEPek
穂乃果「ふんっ」緑スキップ

 

海未「・・・」

穂乃果「・・・」青スキップ

海未「…ちょっと」

穂乃果「・・・ウノ!」青2

海未「…残念でしたね」青赤ドロー2

穂乃果「ちょっと、それは無いよー……」

海未「・・・」赤5

穂乃果「・・・」

穂乃果「…ウノって言ってないんじゃない?」

海未「・・・」2ドロー

真姫「・・・」

真姫(…長いわね)

~~~~~~~~~~

 

19: 名無しで叶える物語 2020/10/09(金) 09:17:34.10 ID:gePNEPek
~~~~~~~~~~
五分後

 

穂乃果「…うの」黄色2

海未「・・・」ドロー

穂乃果「はい、黄色の7。私の勝ち!」

真姫「随分長かったわね」

海未「はぁーっ……やっと終わったという安堵の方が先に来ますね」

穂乃果「そうだねぇ……」

ゴロゴロドッカーン

穂乃果「うわ、雷!?」

海未「先程よりも凄い雨…」

真姫「これじゃ、まだまだ帰れそうにないわね・・・」

 

20: 名無しで叶える物語 2020/10/09(金) 09:17:45.04 ID:gePNEPek
穂乃果「…もう一回、UNOやる?」

 

真姫「・・・どうかしら」

海未「…やはりUNOは、四人以上いないと盛り上がりに欠けますね」

穂乃果「だよねぇ……」

真姫「・・・」

 

21: 名無しで叶える物語 2020/10/09(金) 09:18:08.50 ID:gePNEPek
真姫「帰れなくなった事だし、ピアノでも弾きに行こうかしら」

 

穂乃果「おぉー、いいねぇ……」

真姫「・・・二人も、音楽室来る?」

穂乃果「良いの!?行く行く!」

海未「雨の日のピアノというのも、優雅なものですね」

海未「では、お言葉に甘えさせていただきます」

 

22: 名無しで叶える物語 2020/10/09(金) 09:18:20.38 ID:gePNEPek
穂乃果「真姫ちゃんの方から聴かせてくれるなんて、今日は雨が降るね!」

 

真姫「もう降ってるわよ」

海未「確かに、珍しいかもしれません」

真姫「そう?」

穂乃果「穂乃果、もっと真姫ちゃんのピアノ聴きたいのに!」

真姫「でも、穂乃果はピアノって柄じゃないでしょ」

海未「くすっ。確かに」

穂乃果「ひどい!」

真姫「じゃあ、行きましょ」

~~~~~~~~~~

 

23: 名無しで叶える物語 2020/10/09(金) 09:18:35.02 ID:gePNEPek
~~~~~~~~~~

 

真姫「~♪」ポロロン

真姫「ふーっ・・・以上よ」

穂乃果「すごい!」パチパチパチパチ

海未「流石です・・・!」パチパチ

真姫「ありがと」

穂乃果「新曲、最高だよ!」

海未「えぇ。今までで一番、好きな曲かもしれません」

真姫「本当?嬉しいわ」

穂乃果「あんこーる!あんこーる!」

真姫「えぇ?どうしようかしら…」

コンコンコン

海未「?」

 

24: 名無しで叶える物語 2020/10/09(金) 09:18:45.98 ID:gePNEPek
先生「おーい、高坂?」ガラガラ

 

穂乃果「あれ、先生どうしたんですか?」

先生「取り込み中のとこ悪いんだけど、生徒会の関係でちょっとだけ職員室来てもらって良い?」

穂乃果「あ、はーい」

真姫「呼び出し?」

穂乃果「ごめんね。ちょっと行ってくる!」

海未「私もお供しましょうか」

穂乃果「あー、いいよ。そんなに大した用じゃないみたい」

海未「そうですか」

 

25: 名無しで叶える物語 2020/10/09(金) 09:18:57.60 ID:gePNEPek
穂乃果「じゃ、行ってくるね」タッタッタッ

 

真姫「生徒会長も大変ね」

海未「そうですね…」

海未「ことりと私で必死に支えて、なんとかやってくれています」

真姫「どっちかと言うと大変なのは、二人の方かしら」

海未「ふふっ。さあ、どうでしょうか」

 

26: 名無しで叶える物語 2020/10/09(金) 09:19:08.24 ID:gePNEPek
海未「さて、穂乃果が帰ってくるまでどうしましょうか」

 

真姫「・・・」

真姫「…ねぇ、気になっていたことがあるんだけど」

海未「なんでしょう?」

真姫「私が生徒会室に行くまで、二人で何してたわけ?」

海未「・・・」

 

27: 名無しで叶える物語 2020/10/09(金) 09:19:21.14 ID:gePNEPek
真姫「私が入った瞬間、急に離れたような姿勢だったわよ」

 

海未「…別にそんな、大したことはしてませんよ」

真姫「…大したことって、何」

海未「・・・」

真姫「今日の海未達の気が抜けてるのと、何か関係があるかと思ったんだけど・・・」

真姫「まぁ、言いたくないのなら良いわよ」カミノケクルクル

海未(・・・真姫はここまで、他人に首を突っ込む人でしたかね…)

海未(ふふっ。誰の影響を受けたのでしょうか)

 

28: 名無しで叶える物語 2020/10/09(金) 09:20:50.36 ID:gePNEPek
海未(音楽室に誘ったのも、ひょっとすると心配してくれているのでしょうか)

 

海未「・・・」

真姫「まぁ…いいわ」

真姫「じゃあ穂乃果が来るまで、また何か短い曲でも弾いて・・・」

海未「穂乃果が、急に私の手を握ってきたのですよ」

真姫「・・・え?」

 

29: 名無しで叶える物語 2020/10/09(金) 09:21:11.87 ID:gePNEPek
海未「今日の穂乃果、どこか元気が無かったでしょう?」

 

真姫「・・・」

海未「それで子供の時みたいに、唐突に手を繋いで来るものですから」

海未「私が恥ずかしがっている所に、真姫が訪れたんです」

真姫「・・・」

真姫「…それは、雨だから?」

 

30: 名無しで叶える物語 2020/10/09(金) 09:21:23.80 ID:gePNEPek
海未「・・・はい」

 

海未「穂乃果がステージで倒れた、あの日以来です」

海未「雨の日になるとたまにこうなってしまって」

真姫「・・・」

海未「恥ずかしい話ですが、穂乃果があんな感じでは私までどうにも調子が悪いようで…」

真姫「…そうなの」

海未「意外でしたか?」

真姫「まぁ、意外と言えば意外ね、、、」

 

31: 名無しで叶える物語 2020/10/09(金) 09:21:34.20 ID:gePNEPek
真姫「・・・」

 

真姫「でも、ちょっと安心したかも」

海未「?…安心、とは?」

真姫「穂乃果にも、それと海未にも…そういう時があるのね」

海未「・・・」

真姫「だから、少し安心したの」

 

32: 名無しで叶える物語 2020/10/09(金) 09:21:44.04 ID:gePNEPek
海未「…真姫にも、あるのですか?」

 

真姫「そりゃ、しょっちゅうよ」

真姫「作曲が上手くいかなかったり、ピアノ弾いていても楽しく無かったり」

海未「…なるほど。分かる気がします」

真姫「誰にでも、多分あるのね」

海未「・・・はい」

 

33: 名無しで叶える物語 2020/10/09(金) 09:22:15.06 ID:gePNEPek
真姫「…でも最近、気づいたことがあるのよ」

 

海未「?」

真姫「…そういう時は花陽や凛と話すと、少し気が楽になるというか、落ち着くというか」

真姫「なんとなく、そんな気がするの」

海未「・・・そうですか」

海未「あの二人と話していると気が安らぐというのは、分かる気がします」

真姫「そうでしょ」

海未(なるほど。真姫にとって、花陽と凛が…)

真姫「・・・?」

 

34: 名無しで叶える物語 2020/10/09(金) 09:22:30.06 ID:gePNEPek
真姫「なんか海未、嬉しそうね」

 

海未「?そうでしたか?」

真姫「そうよ。私、何か変なこと言った?」

海未「いいえ、何も」

真姫「じゃあ何よ、その顔」

海未「なんでもないんです、なんでも……あっ」

真姫「?」

海未「カーテンの向こう…晴れてませんか?」

真姫「・・・本当。晴れたわね」

 

35: 名無しで叶える物語 2020/10/09(金) 09:22:46.13 ID:gePNEPek
海未「カーテンを開けましょうか」シャーーッ

 

真姫「ん、眩しい・・・」

海未「先ほどまでの天気が嘘みたいです」

ドタドタドタドタ

海未「はぁ、この音は…」

真姫「どうやら穂乃果が帰ってきたみたいね」

海未「そのようです。まったく、騒がしい…」

真姫「でも、元気そうじゃない」

海未「えぇ」

 

36: 名無しで叶える物語 2020/10/09(金) 09:22:57.59 ID:gePNEPek
ガラガラガラ

 

穂乃果「ねぇねぇ!晴れたよ!」

海未「もう。生徒会長が廊下を走ってどうするんですか」

穂乃果「だって、早くしないと一日終わっちゃうよ!」

穂乃果「帰り、どこか寄って行かない?」

海未「今からですか?」

穂乃果「うん!真姫ちゃんも行くでしょ?」

真姫「いいわよ」

海未「そう言えば真姫、勉強は大丈夫ですか?」

真姫「そんなの、家でやればいいのよ」

穂乃果「さっすが真姫ちゃん!」

 

37: 名無しで叶える物語 2020/10/09(金) 09:23:09.25 ID:gePNEPek
海未「それで、どこに行くのですか?」

 

穂乃果「ん~、歩きながら考える!」

穂乃果「だから二人とも、急いで急いで!」

真姫「はい、はい」

海未「分かりましたから、急かさないでください」

真姫「…空はもうすっかり、晴れたようね」

海未「えぇ、日差しが眩しいです」

海未「少し、体を伸ばしてから行きましょう……」ノビーー

真姫「そうね、、、」

 

38: 名無しで叶える物語 2020/10/09(金) 09:23:40.27 ID:gePNEPek
真姫「ん……気持ち良い、、、」ノビーー

 

真姫「ふぅ。やっぱりお日様が無いと、元気が出ないみたいね。私たち」

海未「そうですね」

真姫「海未。せっかくだから穂乃果と手、つないで行ったら?」

海未「え、えぇ?」

穂乃果「もう~、二人とも、早く早く!」

終わり

 

39: 名無しで叶える物語 2020/10/09(金) 09:26:57.33 ID:g2ysWJIO
おつ~
こういうしっとりした話もいいな
今日も頑張れる気がするわ

 

40: 名無しで叶える物語 2020/10/09(金) 09:47:11.66 ID:MohFDMOw
やるねえ!

 

41: 名無しで叶える物語 2020/10/09(金) 10:07:27.97 ID:Kdtn0xec
う~ん良い

 

42: 名無しで叶える物語 2020/10/09(金) 10:40:49.01 ID:mVMByxKg
とてもいい
とてもいい

 

43: 名無しで叶える物語 2020/10/09(金) 11:04:54.79 ID:OfvmKvc6
いいね!

 

44: 名無しで叶える物語 2020/10/09(金) 11:20:23.76 ID:pW1HG2ZM

今日読めてよかった

 

45: 名無しで叶える物語 2020/10/09(金) 11:41:16.84 ID:MQeifyO1
雨の日になると少し元気なくなるの良いね

 

 

元スレ: https://fate.5ch.net/test/read.cgi/lovelive/1602202377/

コメント

タイトルとURLをコピーしました